FC2ブログ

光秀の菩提寺 西教寺を訪ねる

NHK大河ドラマ最終回の昨日、明智光秀ゆかりの西教寺を訪ねました。
一度行ってみたいと思っていた寺院です。

昼前に名古屋を出る頃は良く晴れていたのに、名神高速を西へ向かうにつれて雲行きが怪しくなり、大津に着く頃には小雨がパラパラ降りだすという空模様でした。


西教寺は618年に聖徳太子が開いたと伝えられている天台真盛宗の総本山で、全国に400以上の末寺をもっています。

戦国時代、織田信長による比叡山攻めの際に焼失した後、明智光秀が復興に力を注いだといわれ、光秀の一族や妻の煕子(ひろこ)の墓があります。


広大な境内に足を踏み入れると、荘厳な風格の大きな本堂が目に飛び込んできます。
本堂
西教寺本堂   1739年の改築で総ケヤキ造りです

本堂の手前左側に、明智光秀一族の墓があります。
明智光秀一族の墓
明智光秀一族の墓

一族の墓の左端に煕子の墓があります。
煕子の墓
煕子の墓

本堂の北側に隣接する客殿には、小堀遠州作と伝えられる立派な庭園が目を楽しませてくれます。
小堀遠州作庭園
客殿庭園   中央の池は、琵琶の姿を取り入れているそうです

書院に設けられた明智光秀公資料室には、光秀直筆の寄進状など貴重な資料が展示されていました。


雨を気にしながらの見学となりましたが、参拝客が少ない静かな境内を、光秀を偲びながら心静かに散策することが出来ました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR