FC2ブログ

建中寺総門

自転車通勤の際に、建中寺総門の前を通ります。

この重厚な門は、尾張徳川家の菩提寺「建中寺」の表門にあたり、1652年に建立されました。
建中寺の南側にある建中寺公園の南端に建っていて、名古屋市の有形文化財に指定されています。
建中寺総門
360年以上前に建立された建中寺総門      

建中寺公園は、建中寺の南側寺域を戦後名古屋市が公園指定して整備したもので、市民の憩いの場となっています。

建中寺公園になっている部分には、かつて七つの塔頭(たっちゅう)があったそうです。
建中寺付近地図
建中寺付近の地図   

創建時(1651年)の建中寺境内の敷地面積は約5万坪で、現在の約5倍という広大な寺域を持っていたそうです。


総門に近づいてみると、さすがに痛みが目立ちます。
柱には、大きなひび割れがいくつも見られます。
建中寺総門 柱
総門のケヤキの柱   節のひび割れが深く刻み込まれ、歴史を感じさせます

この総門は、名古屋市が管理する建中寺公園の中にありますが、所有者の建中寺が管理しているそうです。   
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR