FC2ブログ

確定申告はやめて市県民税の申告をすることに

遅ればせながら、昨日になってやっと確定申告の書類を作りました。
昨年もそうでしたが、コロナ禍で提出期限が4月15日まで延びたのをいいことに、のんびり構えていました。
確定申告イラスト

申告書は、毎年国税庁ホームページの申告書作成コーナーで作っています。
収入金額や各種控除の支払額を入力していくだけで、自動的に申告書が出来上がるので便利です。

出来上がった申告書を見ると、3000円ほどですが納税額が発生しています。
昨年までは、税金が戻ってきたのに・・・

私の場合、公的年金が年400万円以下で、アルバイトの給与所得が年20万円以下なので確定申告しなくてもよいのですが、わずかでも税金が戻ってくるので、これまで確定申告していました。

しかし、確定申告してわざわざ税金を納めることはありませんね。
今年は、確定申告はやめにしました。



一方、確定申告しない代わりに、市役所へ市県民税の申告をしたほうがよいことが分かりました。
それは、確定申告しないと生命保険や医療費控除のデータが市役所では把握できないために、控除されないからです。

市県民税額を市役所のホームページで試算してみました。

市・県民税申告書作成
名古屋市の市県民税の試算と申請書作成のページ

なるほど、生命保険と医療費が控除されると、市県民税額が年5000円ほど少なくなります。

そんなわけで、市・県民税は申告することにしました。
市役所のホームページで申告書も作成できたので、近いうちに区役所へ提出してきます。


確定申告にしても、市県民税の申告にしてもパソコンでデータを入力するだけで申告書ができてしまうので、簡単にはなりました。

とはいうものの、年に一度のやっかいな仕事ですね。
スポンサーサイト



久しぶりの地下鉄乗車と敬老パス

昨日、今年になって初めて地下鉄に乗りました。

年金者組合の会員の方からパソコンを診てほしいと依頼があったので、地下鉄で出かけました。
自転車で行く予定でしたが、約束の午後2時近くになっても雨が止まなかったので。

乗ったのは、最寄りの池下駅から覚王山駅までたった一駅。
乗車時間は約1分とアッという間です。

でも電車好きの私には、短時間でも久し振りの楽しいひとときでした。
地下鉄
地下鉄東山線覚王山駅   この駅は開業してから60年近くたっています
右手前の銀色の物体はホームドア


コロナ禍で、勤務先の会議や知人友人との飲み会、ライブハウスでの催しなどが開かれなくなったので、地下鉄を利用する機会が大幅に減りました。
とはいうものの、いろいろと用事はあるので、自転車や車で移動しています。



さて、名古屋市では65歳になると敬老パスが交付されます。

所得に応じた負担金(年額1000円~5000円)を支払えば、市営のバスや地下鉄などが乗り放題になる、お年寄りに大変ありがたい制度です。
私の場合は、5000円の負担です。

1月の誕生日に敬老パスの1年の期限が来ていましたが、乗る機会がなかったので更新せずにほったらかしにしていました。
昨日、地下鉄に乗ることになったので、やっと更新しました。
敬老パス
駅の券売機で更新した敬老パス   電子マネーを2万円までチャージできます

この敬老パス、来年2月から新たに名鉄、JR東海、近鉄の市内区間でも利用できるようになるので、一層便利になります。
しかし、同時に1年間の乗車回数が730回に制限されることになりました。

この乗車回数制限は、仮にバスと地下鉄を乗り継ぐ人だと1日に往復で4回乗車することになり、毎日利用すると半年で終わってしまう回数です。

私は730回利用できれば不都合はありませんが、通院や買い物などでバスや地下鉄に頼らざるを得ない人も多いので、敬老パスの利用制限をなくしてほしいと思っています。



なお、昨日訪問した年金者組合会員のお宅では、ウィルスバスターのインストール、エッジのお気に入りの設定、迷惑ソフトの削除などを行いました。
操作が分からないことがいくつかあり、調べながら対応したので、約2時間半かかってしまいました。
大方のご要望に応えることができたので、ホッと安堵しました。


帰路、池下駅を出たときには晴れ間がのぞいていました。

核禁条約発効と批准した中小国

昨日、核兵器の開発や保有、使用などを全面的に違法とする核兵器禁止条約が発効しました。

「核なき世界」に向けての一歩となるもので、被爆者や市民社会が二度と惨禍を繰り返されないようにと世界に訴え続けてきたことが実りました。

この条約は、アイルランドやメキシコ、オーストリアなどの核を持たない中小国が中心となって2017年7月に国連で採択され、昨年10月までに発効に必要な50か国が批准を行いました。
核禁条約批准50か国
核兵器禁止条約を批准した50か国(青色で表示)
昨年12月にアフリカのベナンが批准し、現在の批准国は51か国です


しかし、条約には米ロ英仏中などの核保有国や核の傘に入っている国々は参加していません。
このため、核軍縮には繋がらないという意見もあります。


この間、核保有国は条約に反発し、発効を妨害してきました。
特に米国は、昨年10月に各国政府に条約への不支持・不参加を求める書簡を送り、圧力をかけました。

それは、条約が発効すれば、世界の意識が「核兵器は違法」と大きく変わることを恐れているからだと思います。
こうしたことから、停滞している核軍縮の枠組みにも今後前向きの影響があるものと期待されます。


さて、今回の条約発効にあたって、私が注目するのは批准した国々のことです。
上の図にあるように、大半が小さな国で、始めて目にするような国名もいくつか見られます。

これらの小国が、大国の圧力や干渉をはねのけて批准をすすめたからこそ、2017年に条約が採択されてからわずか3年で発効にこぎ着けることができたと思います。


国際政治の力関係が、一握りの大国から世界の全ての国々へと少し変化してきたように感じた出来事でした。

街を彩る紅葉

紅葉の名所で見る絶景はもちろん素晴らしいものですが、街なかで色づく紅葉も美しいと感じます。

勤務先の近くや、自転車通勤の途上できれいな紅葉が見られるようになりました。

勤務先付近では、建中寺公園と東橦木公園で色づいてきました。
建中寺公園
建中寺公園   葉が3裂しているのでトウカエデだと思います  

東区役所西側の東撞木(ひがししゅもく)公園は、カワヅザクラで有名です。
東撞木公園
東撞木公園   間もなく真っ赤になるトウカエデ

自宅近く、千種公園のイチョウ並木は、紅葉真っ盛りです。
真っ赤な紅葉も素敵ですが、黄色に光るイチョウもドラマチックですね。
千種公園
千種公園のイチョウ並木   輝くばかりの黄金色です

街なかで鮮やかに色づく木々。
街を華やかに彩ります。

被爆75年 今池で平和のつどい開催

広島に原子爆弾が投下されて75年となる6日の夕方、千種区の今池交差点で平和と核兵器廃絶の思いを込めて「平和のつどいin今池」が開催されました。

千種区9条の会や年金者組合などでつくる実行委員会が毎年8月6日に開いていて、今年は15回目となります。
8.6平和のつどいin今池
50人が参加した「平和のつどいin今池」

私は、年金者組合千種支部のニュースに載せる写真撮影を兼ねて、毎年参加しています。

今回は新型コロナ感染拡大対策として、例年より規模を縮小し、短時間の開催となりました。
世話人始め4人が平和を守ることの大切さをスピーチしたあと、プラカードを持って今池交差点を1周しながら道行く人たちにアピールしました。
平和のつどいin今池 アピール
今池交差点を1周し、注目を浴びました

さて、6日に広島市で開かれた平和記念式典で松井広島市長は、政府に対して「核兵器禁止条約への署名・批准を求める被爆者の思いを誠実に受け止めて、唯一の戦争被爆国として同条約の締約国になる」ことを求めました。

残念なことに、政府は核兵器禁止条約に背を向けるばかりで、核兵器廃絶の具体的な道筋を示していません。


国連で核兵器禁止条約が採択されて3年。
条約の批准国は着実に増えて、発効に必要な50か国までにあと7か国となりました。

「平和のつどいin今池」のような草の根の活動が幅広く行われることによって、核兵器禁止条約が批准されるようになってほしいと願います。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR