FC2ブログ

満開まぢか 大高緑地梅林

今日、緑区にある県営大高緑地管理事務所で「さくらコンサート」の打ち合わせがあり、終わってから園内の梅林を見てきました。

大高緑地は、名古屋市内で有数の梅の名所。
約400本の梅林はほぼ見頃で、見物したり写真撮影する人たちで賑わっていました。
大高緑地梅林
白梅、紅梅が咲き乱れる大高緑地梅林   結婚式の前撮りも

鹿児島紅
色鮮やかな紅梅「鹿児島紅」

南高梅
梅干しで有名な「南高梅」

梅林では、恒例の花梅まつりが2月27日から3月7日まで開催され、さまざまなイベントが行われますので、ぜひお出かけください。
イベントを楽しみながら、咲き誇る花梅をゆっくりと楽しむのもいいものです。


なお、4月3日に予定していた野外での「さくらコンサート」は、桜見物の方が多数訪れることが想定され、コンサート会場も密になる可能性が大きいことから、6月上旬頃に延期することになりました。

詳細が決まりましたら、あらためてご案内します。
スポンサーサイト



盛況でした 「大高緑地 秋のコンサート」

昨日開催された大高緑地「秋のコンサート」は65人ほどのご来場があり、大盛況となりました。

小雨模様の天気のため会場まで来ていただけるかと不安がありましたが、開演時には35席準備した椅子が満席に。
すぐに立ち見の方が増えてきたので、急いで椅子を20席追加して何とかほとんどの方に座っていただくことができました。
満席の会場
満席のコンサート会場   感染防止のため椅子の間隔を空けています

今回もノリの良いお客さんが多く、手拍子や拍手で盛り上げてくださって、とても楽しいコンサートとなりました。


トップバッターは大高緑地初登場の「ライクアチワワ」です。
ギターとウクレレの2人組にベースのサポートが入っています。
ほんわかとしが雰囲気の歌声で、60~70年代の懐かしい曲のカバーを披露してくれました。
ライクアチワワ
「ライクアチワワ」   メンバーはボーカル2人で、ベースの方はサポートです
演奏曲目は、コーヒールンバ、恋は桃色、男はつらいよ など



二組目は、これも初出演の「アンサンブル・ダムール」の皆さん。
フルート、バイオリン、チェロ、ピアノという編成です。
ポピュラーなクラシックと映画音楽を楽しませてくれました。
アンサンブル・ダムール
「アンサンブル・ダムール」   屋外なので全員がマイクを使いました
演奏曲目は、バッヘンベルのカノン、ヴィバルディの四季より「春」、太陽がいっぱい など
 


最後は、大高緑地ではおなじみの「ゼロメートル地帯」。
司会がバンドを紹介すると、歓声と拍手が巻き起こったのでビックリしました。
こんなこと初めてです。やはり、コンサートの再開を待っていた方が多いかなと感じました。
ゼロメートル地帯
「ゼロメートル地帯」   今回は「元気が湧いてくる懐メロの数々」をお聞きいただきました
右端が私です


予想を上回る多数の方にご来場いただいた「秋のコンサート」。
3グループの演奏に盛大な拍手や手拍子が出て、盛り上がったコンサートとなりました。

コロナ禍でも、管理事務所の方とよく相談しながら感染防止に留意して開催したコンサートです。
無事開催することができて何よりでした。

今回も、多数のアンケートを提出していただきましたので、集計を楽しみにしています。

次回は、来年4月3日(土)に「さくらコンサート」を屋外で開催する予定です。
コロナの感染状況にもよりますが、何とか工夫して開催したいと思っています。

開催迫る!「大高緑地 秋のコンサート」

3月のさくらコンサート、10月の秋まつりコンサートと中止が続いた大高緑地コンサートですが、ご要望にお応えして久々に開催することになりました。

11月7日(土)、管理事務所前のピロティで午後1時開演です。
ポスター
「音楽で元気と希望を! 秋のコンサート」ポスター

3密の心配が少ない屋外空間で、感染拡大防止策を講じて開催しますので、安心してご来場いただければと思います。

ただ、椅子は間隔を空けて配置するため、30~40席程度と少なくなります。
ご理解をお願いします。

会場の様子
会場はこんな感じです(10月17日ゼロメートル地帯の練習でお借りしました)   

10か月ぶりの大高緑地コンサート。

出演の3グループは、ご来場くださる皆さんにお楽しみいただこうと、張り切って練習しています。
どんな演奏が聞けるか楽しみですね。

ぜひ、遊びに来てください。


なお、当日の天気は「曇り一時雨」という予報です。
雨が降っても濡れる心配がないピロティなので、雨天でも開催します。

大高緑地の集客数が7位にランクイン

昨日の中日新聞に、東海3県の夏休み期間中(7/21~8/31)の主要施設集客数ベストテンが掲載されました。

年に3回コンサートを開いている緑区の県営公園「大高緑地」が、何と7位にランクインしています。
昨年の16位から大幅アップで、集客数は昨年より10%多い20万人でした。
集客数ランキング
10月22日付中日新聞記事

毎回トップのナガシマリゾート始めランキング上位の集客数は、コロナ禍で軒並みほぼ半減という状況のなかで、開園後50年以上経過して老朽化が目立つ大高緑地が大幅に順位を上げたのには驚きました。
ゴーカート
人気の大高緑地ゴーカート
1人乗り100円、2人乗り150円で、1周700mを楽しめます


3蜜の心配がない屋外施設であり、遠出を避けて近場に出かける人が多かったことが来園者が増えた要因だろうと思います。

コンサートのお手伝いをしている私としても、うれしいニュースです。
来園者の増加で、「都会のオアシス」大高緑地に活気が出てくればと願っています。



また、時々買い物に出かける大府市にある全国有数の大型産直市場「げんきの郷」も、昨年の12位から5位にアップしています。

ここは産直市場の他にレストラン、温泉、子連れの家族が楽しめる空間などを設けた複合施設で、大高緑地同様、地元や近隣市町からの来場者が増加したのだろうと思います。

元気と希望をお届けするコンサート

緑区にある県営公園 大高緑地で、11月7日(土)に「秋のコンサート・音楽で元気と希望を!」が開かれます。

コロナウイルス感染拡大防止のため、今年になってから2回のコンサートが中止になっているので、昨年12月のクリスマスコンサート以来ほぼ1年ぶりの開催となります。

今回は感染対策として、屋外空間となる管理事務所前ピロティで、椅子の間隔を開けて開催します。
大高緑地コンサートは、毎回高齢の来場者が大半なので、安心してご来場いただけるように配慮しました。

私は、ボランティアで大高緑地コンサートの企画運営をお手伝いをしている関係で、今日管理事務所でポスターを印刷して園内に掲示してきました。
ポスター掲示
梅林近くの通路に掲示したポスター

今回のコンサートの目玉は、大高緑地初出演の「ライクアチワワ」です。
ギター+ウクレレ+歌の若いデュオで、ベースのサポートが入ります。
昨年の11月に今池のライブハウス「パラダイスカフェ」に行ったときに出演していたグループで、さわやかな演奏が持ち味です。

2番手の「アンサンブル・ダムール」は、フルート+バイオリン+チェロ+キーボードのクラシックアンサンブルです。
大高緑地初出演ですが、これまで何度か他のグループで出演いただいたメンバーが参加しています。

最後は、大高緑地ではおなじみの懐メロバンド「ゼロメートル地帯」です。
ポスター
「秋のコンサート・音楽で元気と希望を!」 ポスター


ピロティで開催するという、はじめての試み。

ご来場の皆さんに、元気と希望をお届けできるようなコンサートになればと思っています。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR