FC2ブログ

大高緑地「さくらコンサート」が中止になりました

3月22日(日)に予定していた大高緑地「さくらコンサート」は、開催を中止することになりました。
新型コロナの感染防止対策として、県営公園でのイベント開催を3月末まで自粛することになったためです。

大変残念なことですが、大高緑地コンサートは狭い会場に大勢のお年寄りが来場されるので、中止はやむを得ないことと思います。


出演者の皆さんには、事情を説明してご理解いただきました。

また、すでにポスターやホームページで広報活動をしている関係で、開催を楽しみにしておられる方も多いと見込まれるので、きめ細かく中止のお知らせをしていく必要があります。
コンサート中止のお知らせ
約20枚掲示してあるポスターには、こんなイメージで中止をお知らせする予定です

今回さくらコンサートを取り止めるに当たって、「中止」にするか「延期」にするか迷いましたが、感染拡大がいつ収束するか見通せない状況の下で延期の日にちを決めることは難しいので、中止することにしました。

なお、一旦は中止にしますが、状況が好転して開催が可能となった段階で改めて日程調整を行い、例えば「初夏のコンサート」というようなかたちで開催することができれば、今回出演を予定していた方やコンサートを楽しみにしていた方のご期待に添えるのではと考えています。



新型コロナの感染拡大は、このような文化活動や、経済活動、学校教育など国民生活の様々な分野に大きな影響を及ぼし始めました。

新型コロナへの安倍内閣の対応は後手後手にまわっていると、内外から批判を浴びています。
この危機に与党・野党が力を結集して、抜本的な感染防止策に取り組んでほしいと思います。
スポンサーサイト



今年の「大高緑地さくらコンサート」

緑区にある県営公園 大高緑地で、3月22日(日)に「さくらコンサート」が開かれます。
東日本大震災直後に始まったさくらコンサートは、今回で10回目を迎えます。

大高緑地では、さくらコンサート、秋まつりコンサート、クリスマスコンサートと年3回コンサートが開かれていて、毎回80人を超える方がお越しいただく人気イベントとなっています。

私は、ボランティアで大高緑地コンサートの企画運営をお手伝いしていまして、先日管理事務所でポスターを印刷して園内に掲示してきました。
さくらコンサートポスター
梅林近くの通路に掲示したポスター   後方で梅が咲いています

今回のコンサートの目玉は、大高緑地初出演の「ライクアチワワ」です。
ギター+ウクレレ+歌の若いデュオで、ベースのサポートが入ります。
昨年の11月に今池のライブハウス「パラダイスカフェ」に行ったときに出演していたグループで、さわやかな演奏が持ち味です。

トップバッターの「オリーブ」は、ギター+フルート+キーボードのラテンアンサンブルで、3年前に一度出演していただいたことがある熟年グループです。
さくらコンサート ポスター
さくらコンサート ポスター

さくらコンサートは例年この時期に開催されますが、「さくら」はいつも見頃前でした。

今年は暖冬の影響で桜の開花が早くなる見込みなので、満開の桜が咲き乱れる公園で文字どおりの「さくらコンサート」となりそうです。

間もなく見頃 大高緑地の梅林

今日、緑区にある大高緑地管理事務所で3月22日開催予定の「さくらコンサート」の打合せをしてきました。

大高緑地コンサートは、春・秋・クリスマスと年3回開催していて、毎回80人ほどの来場者にお楽しみいただいています。
コンサートの打合せは、開催日の1か月半ほど前に管理事務所・カプリトーンのOさん・私の3者で、当日のプログラム・PR方策・役割分担等について相談しています。

今回のさくらコンサートは、次のような出演者に決まりました。
①オリーブ(ギターアンサンブル)、②ライクアチワワ(ギター+ウクレレ+歌のデュオ)、③ゼロメートル地帯(懐メロ)


さて、打合せ前に少し時間があったので梅林に立ち寄ってみました。
400本の梅が、5分咲きほどに開花していました。
駐車場から見る梅林
駐車場から梅林を臨む

梅林9
駐車場から梅林に入ると紅梅が咲いています

梅林8
少し北へ進むと白梅がきれいです

芝生広場近くの梅林
向こうに見える広場が花梅まつりの会場になります

この調子だと、今月中旬から下旬にかけて見頃を迎えることになると思います。
400本が咲き誇る梅林は、素晴らしい景観を見せてくれます。

今年も、2月22日(土)~3月1日(日)の間、恒例の「花梅まつり」が開催される予定です。
土日曜日は、飲食や花苗の売店が設けられ、大道芸などのイベントもあります。

一度お越しになってはいかがでしょうか。
第2駐車場が便利です。

一番人気はベンチャーズ アンケート結果から

21日に開催された大高緑地クリスマスコンサートのアンケート結果がまとまり、懐メロバンド「ゼロメートル地帯」の曲の中では、ベンチャーズメドレーがずば抜けた人気でした。

アンケート用紙に、出演者ごとに「よかったと感じた曲目」を3曲まで書いていただく設問があるので、人気度がわかるのです。

また、よかった曲目の他に色んなコメントを書いてくださるので、出演者には大変参考になるし、励みにもなります。

「ゼロメートル地帯」の演奏には、次のような感想が寄せられました。
集計結果抜粋
アンケート結果からゼロメートル地帯部分を抜粋しました
久しぶりにメンバー紹介をしたので、メンバーの名前を書いたコメントがいくつかありました(名前の部分は消しています)


一番人気がベンチャーズなのは毎回のことで、10月の秋まつりコンサートでも「キャラバン」がトップでした。

やはりベンチャーズをよく知っている年配の方がこのコンサートを楽しみにしていただいている表れではないかと思います。
ゼロメートル地帯
ベンチャーズメドレーを演奏する「ゼロメートル地帯」

さて、このアンケートの特徴は、毎回 回収率が極めて高いことです。
今回は66人から回答をいただきました。
来場者数が90人ですから、73%の回収率となります。

回収率が高いので、来場者の年齢層、コンサートを何で知ったか、来場回数などがかなり正確に把握できます。


全てのアンケート用紙に携帯用鉛筆を付けて配布したり、集計したりとアンケートをするのは手間がかかります。
しかし、来場者の生の声を聞くことができるので、今後のコンサートの企画や運営に役立てることができます。

大高緑地コンサートに出演いただいた方が、ご自身のコンサートでこのアンケート用紙を参考にしてアンケートされたということを何度か伺いました。

ご参考に今回のアンケート用紙をご紹介します。
アンケート用紙
今回のアンケート用紙です

大高緑地クリスマスコンサート 大盛況

昨日、緑区の大高緑地でクリスマスコンサートが開催され、約90人の来場者が演奏を楽しみました。

午後1時の開演時にほぼ満席、すぐに立ち見が出るほどの大入りの盛況となりました。
ジャンルの違う三つのグループの熱演を、手拍子や身体でリズムをとりながら楽しんでいただけました。

トップバッターは懐メロのゼロメートル地帯。
昨日の早朝に男性ボーカル兼MCの親族に不幸があって参加できなくなったため、急遽曲目を一部変更し、MCは私がやりました。

1曲だけ用意したクリスマスソング「ホワイトクリスマス」は、ボーカルをカプリトーンのサックス奏者OKさんが引き受けてくださったので助かりました。
また、「天城越え」ではカプリトーンのフルート奏者OGさんが尺八風のフルートで参加してくださり、ひと味違った天城越えになりました。
ゼロメートル地帯
「ゼロメートル地帯」   カプリトーンのOKさんが「ホワイトクリスマス」を熱唱

次のグループは、二胡の「夕陽紅(シイヤンホン)」。
1年ぶりの出演です。
昨年に比べるとかなりレベルアップした演奏で、二胡の哀愁あふれる音色を披露しました。
夕陽紅
二胡の「夕陽紅」   初めての立奏です

トリはポップスの「カプリトーン」。
秋まつりコンサートに続き、2回目の出演です。
大変息の合った演奏で、大きな拍手を浴びていました。
カプリトーン
ポップスの「カプリトーン」

最後は、毎回恒例の「みんなで歌おう」のコーナーです。
今回は「きよしこの夜」と「ジングルベル」をカプリトーンの伴奏で元気に歌っていただきました。
このコーナーは、演奏を聞くだけではなくて合唱もできると好評です。
みんなで歌おう
「きよしこの夜」を合唱する参加者

大高緑地コンサートの企画運営のお手伝いをしている私としては、満席になるほどのご来場があるかどうかが気がかりでした。

前回、10月に開いた秋まつりコンサートでは空席が目立ったので、ポスター掲示場所の見直しを行うなどの対策をしていましたが、不安がありました。

結果的に立ち見が出るほどの盛況となってお楽しみいただけたことに、ホッと安堵しています。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR