FC2ブログ

2回目のバッテリー交換

昨日、バッテリーを交換してきました。

前回の交換から2年8か月経過し、32000km走行しました。
前回は車を購入してから3年半後、走行距離49000kmの時に交換したので、これに比べると早めの交換になります。

アイドリングストップを常時オンにしているので、バッテリーには負担が大きい使用環境です。
このため、3年前後での交換はやむを得ないことだろうと思います。


3月の1年点検時に、バッテリーが劣化していると指摘がありました。

まだエンジンは瞬時に始動するし、アイドリングストップも正常に機能しているので、次の半年点検まで交換しなくても大丈夫だろうという気持ちもありましたが、突然エンジンが掛からなくなる事例もあるようなので、思いきって交換することにしました。

バッテリー交換後のエンジンルームを覗いてみました。
エンジンルーム
右上の赤いコードが出ている黒い箱にバッテリーが入っています

交換後のバッテリー
アイドリングストップ対応の70アンペアという大容量で、重さは約18kgもあります

さて、交換費用です。

いわゆる定価は、バッテリーが47630円、取替え工賃が5280円、合計52910円とメチャ高いです。
いくら、アイドリングストップ対応のために大容量だといっても、あまりにも高すぎます。

「何とかしてよ」と交渉してみると、15000円値引きしてくれることになりました。
値引き後価格は37910円。
これでも高いですけど、ディーラーで交換してもらうとこんなもんでしょうかね。


痛い出費でしたが、これで3年ほどはバッテリーの心配をすることなく運転することができます。
スポンサーサイト



素晴らしいデザインのこの車は?

この車の名前をご存知の方は、相当のカーマニアだと思います。

1週間ほど前に、自宅近くに停めてあった車です。
フェラーリなどのスーパーカーに共通の、幅広で背が低いダイナミックなスタイルに目が釘付けになりました。
光岡オロチ

初めて見る車だったので、どこのメーカーの車だろうとエンブレムを探しましたが見当たりません。

ボディの横に小さなアルファベットのバッジが付けてあります。
しかし、文字がデザイン化してあるので判読できません。
オロチバッジ

これじゃ、車名は分からないねと半ば諦めていたところ、数日前ネットでこの車の写真を見つけました。
毎日見ている新車情報サイト「webCG」に、ミツオカの新型車開発の記事が掲載されていて、この車の写真がありました。
webCGに掲載されたオロチの写真
webCGに掲載された写真

車名は、「ミツオカ オロチ」です。
車名が分かれば、写真のアルファベットは「Orochi」と読めます。


光岡自動車は富山市にある小規模な自動車メーカーで、日産やトヨタ、マツダなどの車をベースにしたモデルを少数生産してきました。

この「オロチ」は、自社開発のシャシーにレクサスのV6エンジンと5速ATをミッドシップに横置きしており、スーパーカーの雰囲気が楽しめる穏やかな車に仕上がっているとか。

2007年から1100万円を超える価格で販売が開始され、2014年の生産終了までに百数十台が生産されたそうです。


珍しい車を目にすることができました。

タイヤ交換 その後

先週タイヤ交換してから約300km走行しました。
現在の印象を簡潔にまとめてみます。

静粛性
新しいタイヤ、アドバンdBの走行音は交換直後から静かさを実感できましたが、200km走行して一段と静かになったように感じます。

路面状態が良い道路では、ひたひたと静かに走ります。
走行音(ロードノイズ)はほとんど聞こえません。
200km走行後のタイヤ
一皮むけて?一段と静かになったアドバンdB V552

ロードノイズが小さくなったので、エンジン音や風切り音が目立つようになりました。
既に8万km走行したので、エンジン音自体が大きくなってきているせいもあるでしょう。

荒れた路面でのザーッという大きなノイズも、交換直後に比べると幾分静かになったかなと感じます。

いずれにしても、静粛性については大変優れたタイヤだと思います。


乗り心地
乗り心地も、交換直後から柔らかいと感じていました。

しかし、若干弾むような走りっぷりが気になってきました。
空気圧が高いのかなと思って計ってみると、案の定240kPaもありました。

ゴルフ7コンフォートラインの適正空気圧は前後ともに200kPaなのです。
車重が1240kgと軽いので、大変低い空気圧が指定されています。
適正空気圧
給油口フタ裏の適正空気圧表示   2人乗車の場合は前後とも200kPaと記載されています

そこで、210kPaまで下げてみました。
すると、弾むような感じがなくなり、ソフトでしっとりとした乗り心地になりました。

空気圧を少し下げただけで、乗り心地は大きく変わるものですね。

走行性
タイヤを交換してから、ハンドルがかなり軽くなりました。
このためか、直進時にハンドルの安定感が不足していました。

これも、空気圧を下げたことで改善されました。
ハンドルは少し重くなり、落ち着いた操作感が得られるようになりました。

走行性能に特に不満はありませんが、交換前のミシュラン プライマシー3には及ばないと感じます。


以上、簡単なインプレッションでした。


タイヤ選びは、ネット情報などでおおよその特長は分かるものの、車との相性もあるので「交換してみないと分からない」というのが率直なところではないでしょうか。
「いちかばちか」という面があると思います。

今回の交換で静粛性と乗り心地が向上したので、ドライブ好きで車に乗る機会が多い私にとっては、良い選択でだったと思っています。

恵那峡の桜

昨日、交換したタイヤの慣らし走行を兼ねて、恵那峡へドライブしてきました。

恵那峡の手前で、きれいな芝桜が目に入ったので立ち寄りました。
「芝桜 花桃公園」という道路沿いの丘陵に広がる公園です。
見物客は大変少なく、見事な咲きっぷりの芝桜と花桃をゆっくりと眺めることができました。
芝桜 花桃公園
恵那峡近くの「芝桜 花桃公園」   よく手入れされていました

恵那峡は約80年前に木曽川をせき止めて作られた大井ダムによってできた人造湖です。
湖に突き出た半島のような「さざなみ公園」の桜がちょうど満開となっていました。
この時期は、いつもだと大賑わいの観光スポットなのですが、こちらも人出はわずかでした。
恵那峡 桜
恵那峡さざなみ公園   200本の満開の桜が目を楽しませてくれます

さざなみ公園の丘陵部には、大井ダムを建設した電力王といわれる福澤桃介の銅像と、福澤のパートナーで日本の女優第一号といわれる川上貞奴のレリーフが大井ダムを見下ろしています。
福沢桃介と川上貞奴
福沢桃介の銅像と川上貞奴のレリーフ

湖畔にある売店の中にダットサン ブルーバードSSSが飾ってありました。
410型系といわれる1960年代の車です。
ナンバーが付いているので主人に聞いてみると、たまに乗っているとのこと。
ダットサン ブルーバード
ダットサン ブルーバードSSS   55年ほど前の車ですが、ピカピカです

外出自粛要請が出ていますが、家族と出かけるドライブは自分にも他人にも安全な外出と考えています。
自宅に閉じこもるストレスが解消できればと、できるだけ出かけるようにしています。

ドライブ途中でサービスエリアや道の駅に立ち寄らなくてもいいように、飲み物や軽食を持参するようにしています。

タイヤを交換しました

2回目のタイヤ交換です。
前回は37000km走行時、今回はその後43000km走行しての交換となります。

タイヤの溝は多少残っていましたが、雨の日にカーブを曲がるときに少し滑ることがあるのと、乗り心地が硬くなって走行音も大きくなってきたので、換え時と判断しました。

今回は、走行音が静かだと評判のヨコハマ アドバンV552にしました。
サイズは、205/55の16インチです。
タイヤ交換
交換後のヨコハマ アドバンdB V552      

私は、運転が好きでドライブに出掛けることが多いので、静かで乗り心地が良いタイヤを選ぶようにしています。

交換前のタイヤはミシュランのプライマシー3でした。
走行音の静かさは期待したほどではありませんでしたが、直進安定性が高いタイヤでした。
乗り心地は硬めでした。


店舗は、タイヤ交換専門の4店に電話して、価格を聞いて決めました。
前回交換した店が一番安く、高い店とは1万円くらいの差がありました。


さて、交換しての印象です。

走りはじめてすぐに、路面への当たりの柔らかさと静かさを実感します。
荒れた路面ではザーッという音が室内に響きますが、前のタイヤより音量は小さいと感じます。

しばらく走ると、また印象が変わってくるだろうと思います。


今のゴルフにしてから6年が経過し、8万km走行しました。
交換したタイヤが寿命を迎える頃、ゴルフは12万km走行の10年選手となっています。

多分、最後のタイヤになるだろうと思います。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR