FC2ブログ

ホンダS800と出会う

勤務先近くの駐車場に、ピカピカのホンダS800が停めてありました。

1960年代後半に1万台余り生産されたスポーツカーで、青春時代の憧れの車でした。
S800フロント
ホンダS800   長さ3,335mm、幅1,400mmと超コンパクトです
S800になってパワーバルジ(ボンネット上のふくらみ)がつきました


オリジナルのボディーカラーは、黄、赤、白の3色だったので、塗り替えられています。
メッキ部分のサビなどもなく極上の外観なので、レストアされた車だろうと思います。

現在の軽規格(長さ3.4m以下、幅1.48m以下)より小さいボデーに、791ccと小排気量ながらホンダ得意の高回転・高出力エンジンを搭載し、0-400m加速16.9秒、最高速度160km/hという高性能を誇っていました。

特に16.9秒という0-400m加速は、当時圧倒的だったと思います。
S800リアー
後ろから見たS800   ボデーが小さいのでナンバープレートが大きく見えます
座席部分を覆うのは駐車用のトノカバー


高校時代、実家近くの江南市で開かれた自動車展示会で、S600の運転席に座らせてもらったことがあります。
大変シートの位置が低く、まるで地面に座っているような感覚で、足を前方に真っ直ぐ投げ出してペダルを踏んだことを覚えています。

S800サイド
横から見たS800

50年以上前に生産された車ですが、車幅が狭いこと以外は古さを感じさせません。
やはり、デザインが優れているのだと思います。

日本を代表する名車の一つです。
スポンサーサイト



ゴルフ7 テックエディションの装備品について

1か月前に買い替えた中古のゴルフ7。
先日の「道の駅」巡りで、乗り換えてからの走行距離が約1000kmとなりました。

新しい車は前の車と同じゴルフ7コンフォートラインで、マイナーチェンジ後に発売された「テックエディション」です。
この車は、オプション扱いになっていたデジタルメーターやカーナビなどを標準装備したお値打ち?仕様車です。

今回はこれらの装備品について、気がついたことを書いてみようと思います。

①デジタルメーター
液晶表示メーターです。
速度、回転数、燃料、水温、走行距離、平均燃費、瞬間燃費、走行可能距離、変速段数、クルーズコントロールの設定速度、気温、時計などに加えて、速度計と回転計の間にはカーナビ画面が表示されます。

乗り換えた頃は情報量が多くて見にくいなあと感じましたが、最近は慣れてきてほぼ瞬時に読み取れるようになりました。
デジタルメーター
精細な液晶画面で、見やすいです

標準設定では画面が少し明るすぎたので、照度を少し下げました。

カーナビ画面がメーター内にも表示されるのは、視線移動が少なくてすむので、安全性の見地からも良いと思います。

②カーナビ
私にとっては、初カーナビです。
6年前にスマホを使い出してからスマホをナビ代わりにすることはありますが、地図を利用することが多いです。

大型のナビ画面で、見やすいと思います。
でも、あまり使うことがないので、ふだんはこんな画面にしています。
カーナビ
右上は走行データ画面、右下はオーディオの画面です
好きな画面に自由に変えることができます


③レーンキープアシスト
これも初めて経験する装備です。
道路の白線を感知して、自動的にステアリングを補正して車線の中央を走らせます。
時速65km以上で作動し、道路の曲線に応じてハンドルが勝手に動きます。

ハンドルが勝手に動くことに少し違和感を感じるので、設定を解除しています。

④LEDヘッドライト
前の車にオプションで付けていたキセノンランプとほとんど変わらない明るさです。

明るい上に消費電力や寿命は大幅に向上しているので、これから車のヘッドライトはLEDになっていくことでしょう。

⑤エンジンの始動・停止ボタン
キーをひねる方式から、ボタンに変わりました。
ゴルフ6からキーをひねる角度が変わり、大変ひねりにくくなっていたので、ボタンを軽く押すだけで始動できるようになったのは歓迎です。
スタートスイッチ
エンジンの始動・停止ボタン

⑥スマートキー
キーを携帯していれば、ドアノブに触れるだけでロックやアンロックが可能です。
いちいちキーをポケットから取り出す必要がないので、便利です。



以上、前の車には付いていなかった装備品について、書いてみました。

これらの装備品は、近年急速に普及してきたもので、今どきの車にはほとんど搭載されていると思います。

確かにあれば便利なものばかりですが、私にはこれがないと困るというようなものは、一つもありません。
高額な装備品はオプション扱いにして、車の価格を引き下げてほしいと思います。

とはいうものの、簡単にはそういう訳にもいかないようです。
以前ゴルフの5と6では最廉価版のトレンドラインに乗っていましたが、7になってトレンドラインは注文生産になったそうです。
つまり、価格は安くても一定の装備品が付いていない車は売れないようです。

これからも、次々と目新しい装備品の開発が続けられるのでしょうね。

最後の車になるかも・・・

昨日、新しい車を受け取りました。

2年落ちの中古ゴルフで、これまで愛用してきたゴルフ7コンフォートラインと同じ車です。
千種公園で
購入した中古のゴルフ7 コンフォートライン テックエディション
ボディカラーも前の車と同じ紺色です(わずかに明るい色です)



前の車は次々回の車検まであと3年乗るつもりで、半年前にタイヤ交換したばかり。
購入してから6年半、走行距離87000kmとかなり走りました。
幸い心配していたDSG変速機はトラブルと無縁で、あと3年くらいは多分大丈夫だろうと考えていました。


ところが、先月の半年点検の際に展示されていた車を眺めていて、気持ちがコロッと変わってしまいました。
程度が良い中古車で、値打ちだと思われる車に出会ってしまったのです。

テックエディションといって2018年4月から発売された特別仕様車で、ナビやデジタルメーターなどの装備を充実させた買い得車です。
モデル末期に販売促進のために企画される「限定車」ですね。

2018年8月に登録された車で、走行距離は何と1700Km。
前の所有者が単身赴任のため、あまり乗ることがなかったということです。

また、新型のゴルフ8が来年から発売されることもあってか、価格がかなり下がっていることも気持ちが動いた理由です。
そんなわけで、2回の価格交渉で決めてしまいました。


販売店で車を受け取るときに、タイヤとホイールを前の車のものと取り替えてもらいました。
購入した車に装着されていた17インチのブリジストントランザから、半年前に交換した16インチのヨコハマアドバンdBに取り替えたわけですが、予想どおり乗り心地も静粛性も向上しました。


早速、車のチェックを兼ねて名神高速経由で滋賀県の永源寺へ紅葉見物に行ってきました。

買い替えたといっても、同じ車ですので運転操作はほとんど変わるところがありません。
変わったところは、ハンドルが道路の白線に沿って自動で操作されることと、エンジンの始動と停止がボタンになったことくらいでしょうか。

デジタルメーターは、情報量が多すぎて慣れるまで時間がかかりそうです。
デジタルメーター
デジタルメーター   このようにカーナビを表示することもできます
養老サービスエリアで撮影しました


末期モデルだけあって、いろいろと改良されています。
200Kmほど走って気付いたことは・・・
・1240kgと軽いボディなのに安定感抜群で、よりしなやかに走ります。
・DSG変速機は発進がさらにスムーズになり、トルコン並みです。
・アイドリングストップしてから再始動するときの音と振動が小さくなりました。シャン!と小さい音が聞こえてくるだけです。


運転には自信があるつもりでも、高齢になると、注意力・集中力の低下、動作の速さ・安定性の低下、認知・判断能力の低下などが避けられません。

このゴルフ、私にとって最後の車になるかも知れませんが、細心の注意をして乗ろうと思っています。

クラウンが消えていく?

11日付けの中日新聞で、アッと驚く記事が目に飛び込んできました。
何と、トヨタのクラウンが現行型で生産終了になるというのです。

「エッ、本当に?」と思いましたが、トヨタの地元新聞の報道ですから、そうなんでしょうね。
クラウン現行モデル
クラウン現行モデル   クラウン初めてのファストバック風でスタイリッシュです

中日新聞は、『トヨタ自動車は、高級車「クラウン」についてセダンの生産を現行型で終了し、スポーツタイプ多目的車(SUV)に似た車形の新型車として2022年に投入する方向で最終調整に入った。新車市場でのセダン需要の低迷、SUB人気の高まりに対応しつつ、クラウンのブランドイメージも維持する戦略。一方、1955年から続く、国産車を代表する高級セダンに終止符が打たれることになる』と報じています。

私は根っからのホンダファンで、トヨタ車はスポーツ800と2000GT以外にはあまり関心を持ったことががありません。

しかし、クラウンは我が国初の純国産本格的乗用車として65年前の1955年に登場して以来、15代目の現行モデルまで長きにわたって日本の高級車市場をリードしてきたことは間違いないことです。
初代クラウン
1955年に登場した初代クラウン   観音開きのドアがユニークでした

トヨタがクラウンを生産終了する理由は、新聞記事にあるとおり販売台数の低迷です。
2020年度上半期(4月から9月)の軽自動車を除く新車販売台数ランキングでは、11826台で30位となっていて、台数は前年比54.1%まで減少しています。

販売台数の約半数を占める法人需要も、アルファードなどの高級ミニバンに移行しつつあり、将来的な需要拡大は見込めないということです。


新型SUV発売後も数年は現行型の生産・販売が続けらるようですが、クラウンが消えていくことに一抹の寂しさを覚えるのは、私だけではないと思います。

2回目のバッテリー交換

昨日、バッテリーを交換してきました。

前回の交換から2年8か月経過し、32000km走行しました。
前回は車を購入してから3年半後、走行距離49000kmの時に交換したので、これに比べると早めの交換になります。

アイドリングストップを常時オンにしているので、バッテリーには負担が大きい使用環境です。
このため、3年前後での交換はやむを得ないことだろうと思います。


3月の1年点検時に、バッテリーが劣化していると指摘がありました。

まだエンジンは瞬時に始動するし、アイドリングストップも正常に機能しているので、次の半年点検まで交換しなくても大丈夫だろうという気持ちもありましたが、突然エンジンが掛からなくなる事例もあるようなので、思いきって交換することにしました。

バッテリー交換後のエンジンルームを覗いてみました。
エンジンルーム
右上の赤いコードが出ている黒い箱にバッテリーが入っています

交換後のバッテリー
アイドリングストップ対応の70アンペアという大容量で、重さは約18kgもあります

さて、交換費用です。

いわゆる定価は、バッテリーが47630円、取替え工賃が5280円、合計52910円とメチャ高いです。
いくら、アイドリングストップ対応のために大容量だといっても、あまりにも高すぎます。

「何とかしてよ」と交渉してみると、15000円値引きしてくれることになりました。
値引き後価格は37910円。
これでも高いですけど、ディーラーで交換してもらうとこんなもんでしょうかね。


痛い出費でしたが、これで3年ほどはバッテリーの心配をすることなく運転することができます。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR