FC2ブログ

盛り上がった老人会ライブ

今日の午前中、大口町の福祉施設で開催された老人会のイベントにGGバンドで出演してきました。
大口町 憩いの四季
会場の大口町老人福祉センター「憩いの四季」   図書館が併設されています

今回は、メインイベントがGGバンドの演奏という少し責任が重い行事でした。

しっかり練習しようと設定した練習日に、病気や急用で2人のボーカルが参加できなかったので、今朝早く会場に集合して新曲を中心に30分ほどリハーサルしました。
その結果、何とかまずまずの演奏ができるようになったので、ホッとして本番を迎えました。


お集まりになった約60人のお年寄りに、懐メロを14曲、約1時間お楽しみいただきました。
60人の来場者
ほぼ満席の来場者で会場は熱気に包まれました

演奏が始まると、会場は思ったより盛り上がりました。
元気でノリノリのお年寄りが多く、手拍子をいただいたり、大きな声で一緒に歌ってくださいます。

アンコールもいただきました。
女性ボーカル1
「瀬戸の花嫁」を歌う女性ボーカル

男性ボーカル
「ダイアナ」を歌う男性ボーカル   今日はMCもやってくれました

「上を向いて歩こう」と「花」は、老人会のコーラスグループがステージ前で歌ってくださいました。
コーラスグループ
元気に歌っていただいた老人会のコーラスグループ

今日は、PAのセッティングがうまくいきました。
メンバーは、ボーカルや楽器の音が明瞭に聞こえたので気持ちよく演奏することができたと言っていました。
演奏の方も、GGバンドとしてはまずまずの出来だったと思います。


今回の私のギターは、先日アウトプットジャックを交換したばかりのバンザンドのストラトタイプSTV-R2です。
音切れなどの不具合は一切なくて、演奏に集中することができました。

また、先日中古で購入したドライブペダル「Xotic Soul Driven AH」のデビューの場となりました。
きめ細かく心地よい歪み音で、「天城越え」や「帰ってこいよ」などの曲が一段と引き立ちました。
スポンサーサイト



ボーカル不在のバンド練習は?

2月2日の日曜日、高校時代の同級生バンド「GGバンド」の練習がありました。

男性ボーカルは急用、女性ボーカルは軽い肺炎のため、二人とも練習に参加できなかったのです。
男性ボーカルの事情は2週間ほど前から分かっていましたが、女性ボーカルの方は前日に連絡があり、いささかガッカリしましたけど病気では仕方ありません。

ボーカルが二人とも不在の練習は初めてです。

2月14日に開かれる老人会のイベント出演に向けて初めて演奏する曲が2曲あるので、ボーカル不在でも練習しました。
GGバンド
昨年12月の年金者組合望年会で演奏するGGバンド
今回は楽器を演奏する4人だけの練習となりました


ボーカル抜きだと、なかなかうまく演奏できないものです。

初めて演奏する曲の「瀬戸の花嫁」と「北国の春」は、歌メロを少し自宅練習してきたのでまずまずでしたけど、以前からやっている曲はボーカルがいないと大変弾きにくく感じました。

サイドギターとベースは楽譜を見ながら弾いているのであまり気にならないようでしたが、楽譜なしで丸暗記方式の私はボーカルの歌声を聞きながらオブリガートなどを弾いているので、曲によってはリズムの乱れが目立ちました。

日頃、歌を頼りにして弾いていることがよく分かりました。

ドラムも演奏しにくかったようで、途中からCDをかけながらやってみました。
歌が聞こえてくると、大変弾きやすくなります。

約2時間の練習、心なしかいつもより疲れたように感じました。


初めて演奏する2曲は、メンバー揃って練習したことがありません。
ぶっつけ本番ではお客さんに失礼なので、14日は早めに集合してリハーサルすることにしました。

昭和の名曲 「瀬戸の花嫁」

昨年12月11日、GGバンドで出演した年金者組合望年会ライブの打ち上げで、次に練習する曲を相談しました。

その時、83歳の助っ人ギタリストの方から「瀬戸の花嫁」をやってみたらどうかと提案がありました。
誰もがよく知っている曲なので、「いいんじゃない」とすんなり決まりました。

そんなわけで、昨日楽譜を作ってみました。
前奏と間奏以外は、コードが書いてあるだけの簡単なものです。
瀬戸の花嫁2
「瀬戸の花嫁」   キーは、小柳ルミ子のオリジナルより1音下げのG♯です

問題はキーです。
女性ボーカルは、打ち上げの時にオリジナルキーでも歌えそうだと言っていたので、そのつもりでいました。

でも、ユーチューブで小柳ルミ子の歌を聞いてびっくり。
とてもキーが高いのです。
特にはじめの方の「ゆうみ こなみ」の「な」は一番高い音で、裏声で歌っていますけど女性ボーカルにはきついだろうと判断しました。

そこで、1音下げて楽譜を作りました。
2月2日に練習をすることになっているので、これで上手く歌えるかどうか楽しみです。


さて、「瀬戸の花嫁」を改めて聞いてみて、歌詞もメロディーも大変素晴らしい曲だと実感しました。
小柳ルミ子の抜群の歌唱力が、歌を一段と引き立てています。

「瀬戸の花嫁」   原曲キーはA♯です   

よく聞くと、コンガが活躍していて南国風の味付けもされています。

昭和を代表する名曲の一つと言っても差し支えないのではないでしょうか。

今年のバンド活動を振り返る

あと2日で新しい年を迎えます。

今年は、集中豪雨や大型台風による被害が相次ぎましたし、長期政権による国民不在の政治が際だった年となりました。
私自身としては、大きな体調の崩れもなく、まずまず平穏な1年だったと思います。

今年最後のブログは、趣味のバンド活動で印象深かったことを簡潔に振り返ってみます。

ケーブルテレビで2回放映される
今年は、懐メロバンド「ゼロメートル地帯」と高校時代の同級生バンド「GGバンド」合わせて、12回のライブを行いました。

中でも、ゼロメートル地帯で出演した「大高緑地さくらコンサート(3月)」と「ヨシヅヤ津島本店ライブ(6月)」で、それぞれ地元ケーブルテレビの取材があり、放映されたことが良い思い出となりました。
クローバーTV1
6月の「ゼロメートル地帯ライブ」を撮影中のクローバーTV

ガラス張りのステージが好印象
11月に初めて出演した「名古屋港ブルーボネット」。
広々とした洋風庭園に全面ガラス張りのモダンな建物があり、この中にガラス張りのステージが設けられています。
ステージの下全面にグリーンが植えてあり、音響も良くて気持ちよく演奏できました。
ブルーボネット ゼロメートル地帯
ブルーボネットのガラス張りステージで演奏する「ゼロメートル地帯」

メンバーが難病にかかり活動休止中
GGバンドの同級生メンバーが2月に難病のギランバレー症候群にかかり、ギターが弾けなくなりました。
リハビリを続けていて少しづつ快方に向かってはいるものの、いつギターが弾けるようになるのかまだ見通せない状況です。
リズム感に優れたギタリストで、バンドとしても痛手です。
早く復帰してくれることを祈るばかりです。

ギターを忘れてライブに出かけた
これはショッキングな出来事でした。
秋の大高緑地コンサートのとき、会場に到着してからギターを家に忘れたことに気が付きました。
ゼロメートル地帯の結成から17年、百数十回のライブをしてきましたがこんなことは初めてです。
「情けないなあー」と反省することしきりでした。



皆様、今年もささやかなブログにお越しいただきまして、ありがとうございました。
何とか、隔日更新のペースを続けることが出来ました。

来年もよろしくお願いいたします。
良い年をお迎えください。

盛り上がった望年会ライブ

昨日、年金者組合千種支部恒例の年末イベント「望年会」に、高校時代の同級生バンド「GGバンド」で出演してきました。
毎年声をかけていただいており、今年で5回目の出演となります。

117人という予想を上回るご来場の皆さんに、懐メロを約50分お楽しみいただきました。
s-IMG_1594 (3)
「ダイアナ」を歌う男性ボーカル
私の左側が83歳の助っ人ギタリストです


s-IMG_1633 (2)
「天城越え」を歌う女性ボーカル

今回のハイライトは、年金者組合のカラオケ同好会のピックアップメンバーに特別ゲストとして出演していただいたことです。
「北酒場」を男性2人に、「津軽海峡・冬景色」を女性2人に歌っていただきました。

生バンドで歌うのは初めてとのことだったので、早めに集まってもらってリハーサルをしました。
やはりカラオケとは違うようで、皆さん緊張気味で歌が遅れがちになります。
しかし、そこは生バンドです。
歌に合わせて演奏するので、安心して歌っていただきました。
s-IMG_1623 (2)
「津軽海峡・冬景色」を歌うカラオケ同好会の女性

s-IMG_1586 (2)
こんなに会場いっぱいの皆さんが盛り上げていただきました

最後は女性ボーカルの「天城越え」で締める予定でしたが、思いがけずアンコールの掛け声が出たので、「真っ赤な太陽」を演奏してお開きとしました。


さて、83歳の助っ人ギタリスト。
50分間、立って演奏していただきました。
午後5時からの打ち上げの会場で、楽しく演奏できたとの感想をいただき、お願いしてよかったと思いました。

次のGGバンドの出番は、来年2月の大口町の老人会です。
練習は、2月初めを予定しています。

新年の楽しみにしたいと思います。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR