FC2ブログ

電源ケーブルでギターアンプの音は変わるか?(その2)

先日ご紹介した、ムック本の付録に付いていたオヤイデ電気製電源ケーブルをテストしてみました。

家では、延長コードにアンプのケーブルを接続していますが、今回は延長コードの影響を受けないようにコンセントに直接差し込んで試してみました。
電源ケーブルテスト
アンプ側で新旧のケーブルを差し替えながら、音をチェックします

アンプはブルースキューブのステージで、これまで使っていたケーブルと音を比べてみます。
このケーブルは、アンプ付属のケーブルをライブで紛失したため、工具店のホダカで安価なパーツを買ってきて作ったものです。

音源は、ウォークマンを接続し、何回も繰り返して聴きました。

コネクターの差し替えは、慣れるとほぼ瞬時にできるので、音が途切れることはありません。


結果は、予想どおり「何の変化もなし」でした。
音量も音質も、私の耳には新旧ケーブルの違いを聞き取ることができませんでした。

よほど耳の良い人ならその違いが分かるかも知れませんが、大多数の人には分からないだろうと思います。

考えてみれば、コンセントまで来ている家庭の電気だって高価なケーブルで宅内配線してある訳ではないし、ギターアンプにしても内部の配線材やヒューズなどのパーツに特別なものを使っている訳ではありません。

つまり、電源ケーブルを高価な電気がよく通る太いものに交換しても、その入口出口に制約があるので、音の変化を期待することはむずかしいのではないでしょうか。


残念ながら音の変化は得られませんでしたが、ケーブルを組み立てる工作を久しぶりに楽しむことができたので、良しとしましょう。
スポンサーサイト



電源ケーブルでギターアンプの音は変わるか?

先日、栄のジュンク堂書店で楽器や音響関係の書籍のタイトルを眺めていたら、こんな本を見つけました。

「音質アップを狙うなら電源環境を改善せよ! 」という本で、何と電源ケーブルキットが付録になっています。
電源ケーブルキットが付録のムック本
電源ケーブルキットが付録に付いているムック本

音楽之友社の本で、オヤイデ電気製の1.2mケーブルと電源プラグ、IECコネクターが同梱されていて、価格は6,930円です。
付録が、価格の大半を占めてますね。

オヤイデ電気といえば秋葉原のケーブル専門店で、オーディオ、楽器関係などあらゆるケーブルを取り扱っています。
時々利用している楽器通販のサウンドハウスでもオヤイデ製の電源ケーブルを扱っていて、エントリーモデルが1万円くらいからあります。


さて、ネットなどでは「電源ケーブルを変えるとギターアンプの音が変わる」という記事をよく目にします。

しかし、私達のバンドは公園やショッピングセンターで演奏することが多く、コンセントからステージ近くまで長尺の延長コードで電源を引っ張ってくることが多いのです。
このため、いくら高価な電源ケーブルに変えても、家庭用の延長コードに接続したのでは何の効果もないだろうと思って、これまで購入を考えたことはありませんでした。


とはいうものの・・・
オヤイデの電源ケーブルキットを目の前にすると、グラグラッときてしまいます。
キットなので、値段も少し安いし・・・

そんなわけで、先日買ってしまいました。


今日、組み立ててみました。

オヤイデ電気製のパーツが3点入っています。
ケーブルの太さは直径1cm強もあり、電源プラグもコネクターも大型のガッシリしたもので、見るからに高音質を予感させます。
キットのパーツ
左から、1.2mのオヤイデ電気製ケーブル、電源プラグ、IECコネクター

組立には、ドライバー、カッターナイフ、ニッパー、ラジオペンチなどの工具が必要です。
工作は特に難しいところはありませんが、ケーブル両端の外皮とインナーシースをきれいに剥くのに手間取りました。
ケーブル端末加工完了
難関のケーブル外皮とインナーシースを剥き終わったところ

あとは、ケーブル両端に電源プラグとIECコネクターを取る付けるだけです。
ケーブルに方向性がありますので、どちらに電源プラグを取り付けるか事前に確認しておきます。

1時間ほどで無事完成しました。
完成
完成した電源ケーブル

今日はここまで。

後日、アンプに繋いでテストしようと思います。

ライン接続は断念 ヤマハTHR100H

ライブに重いギターアンプを持ち込まなくても良い音が出せるのなら、膝関節症の私にとっては願ってもないことです。

そこで、この3月に購入したばかりのモデリングアンプヘッド ヤマハTHR100Hを、PAミキサーにライン接続して良い音が出せないものかと試してきました。

これがうまくいけば、ギターアンプを持っていかなくてもライブができます。

THR100Hにはキャビネットシミュレーターが付いているので、キャビネットの種類やマイク位置の設定を変えたりして色々とやってみましたが、やはりギターアンプの音とは隔たりがあります。

音が硬くて、生々しさに欠けます。
特に歪みエフェクターをオンにしたときの音は、ちょっと使えないなあと感じます。
ヤマハTRH100
超特価で購入した軽量なヤマハTHR100Hだけど・・・

モデリングアンプやミキサー接続に慣れていないので、セッティングに未熟なところがあるのは否めません。
また、接続しているPAがヤマハのステージパス500という簡易なものであることも、音がシャキッとしない一因かも知れません。

しかし、私の能力ではこれ以上試しても良い音を出すことは難しいと判断し、ライン接続はあきらめました。


近年ギタープロセッサー(マルチエフェクター)の性能が著しく向上し、5万円以下の中級品でもPAへライン接続してギターアンプ同様の良い音で演奏できるというレビューをよく目にします。

アナログのギターアンプやエフェクターと違って、こういうデジタル製品の進化は日進月歩です。
ヤマハTHR100Hは2015年の発売ですから、まだまだ発展途上だったということになるのでしょうかね・・・


十分な検討もせず、特価に引き寄せられてポチってしまうと、こういう結果になりますね。

反省・・・です。

スピーカーケーブル交換

2月頃から、愛用している簡易PAのスピーカーケーブルが不調になってきました。

ジャック付近でケーブルを動かすと音が途切れたりするので、断線しかかっているようです。

2008年に購入したヤマハ ステージパス500の付属品として付いてきた見るからにチープなケーブルですが、12年間もよく持ったものだと思います。


そこで、先日サウンドハウスでイヤホンを購入した際のポイントが1000円分ほどあったので、これを使ってカナレのスピーカーケーブルを2本購入しました。
ポイントを利用して3000円ちょっとだったので、値打ちに購入できました。

色はマイクなどのケーブルが全て黒なので、見分けやすいようにグレーにしました。
カナレ SPケーブル
購入したカナレのスピーカーケーブル   左が5メートル、右が10メートルです

今朝、新しいケーブルを接続してテストしてみました。
もちろん、何の問題もなく音が出ます。

このケーブルはコスパが高い普及品で、交換して音が良くなるようなレベルのものではありません。
断線しかかっているヤマハのケーブルと何ら変わらない音が出ます。

ヤマハのケーブルと比べると、直径が太くて耐久性が高そうなので、安心して使うことができるように感じます。



さて、この機会にヤマハの簡易PAシステム「ステージパス500」のことにも少し触れておきます。
ヤマハ ステージパス500
ヤマハ ステージパス500   ライブではスタンドに載せて使用しています
コンパクトなミキサーの中のデジタルアンプは、250W+250Wと高出力です


私が参加している2つのバンド「ゼロメートル地帯」と「GGバンド」がライブを行う会場は、公園やショッピングセンターなどが多く、大半がPA持ち込みとなります。

ライブのたびに運搬して設営と撤収を繰り返すわけですから、耐久性が重要になります。
その点、この「ステージパス500」は12年間一度も故障することなく、約100回のライブで活躍してくれました。

音はそれなりですが、耐久性と十分な出力があるので、私たちアマチュアバンドになくてはならないPAだと思います。

まだまだ使えるので、これからも頑張ってもらいましょう。

究極の軽量アンプとなるか? ヤマハTHR100H 

先日購入したヤマハのモデリングアンプTHR100Hは、専用のソフトウェア「THR HD_H Utility」によって本体だけでは設定することができない特別な設定をすることができます。

このソフトの操作は非常にシンプルです。

昨年購入したZOOMの格安マルチエフェクター「G1 FOUR」は、設定がなかなか難しくて結局使いこなせませんでした。
こんな苦い経験があるので、このソフトも使えるだろうかと一抹の不安がありましたが、私のような高齢者でも簡単に操作できます。


昨日、本体にパソコンを接続してみました。
THR100Hとパソコンを接続する
ヤマハTHR100とパソコンを接続して、キャビネットシミュレーターを設定しています

このソフトの設定画面は、二つだけです。

まずは「エフェクト設定画面」です。
この画面では、「3種類のブースターの選択」、「4種類のリバーブの選択」、「ノイズゲートの調整」などを設定できます。

私は、この画面は初期設定のままにしました。
エフェクトセッティング画面
エフェクト設定画面   ブースター、リバーブ、ノイズゲートなどが設定できます

次に「キャビネットシミュレーター」画面です。
この画面では、キャビネットの種類、マイクの種類、マイキングの方法を選ぶことができます。
スピーカーシミュレーション画面
キャビネットシミュレーター画面   「アメリカン112、57off、スタンダード」を選んでいます

ここで選んでいる「アメリカン112、57off、スタンダード」は、次のような内容です。
キャビネットはアメリカ製の12インチ(30㎝)スピーカー1本(デラックスリバーブのことだと思います)、マイクはシュアーのSM57、マイキングはスピーカーから離れた位置で複数のマイクをミックスしている・・・というような状態をシミュレートしています。

サンプルが多くて何を選ぶか迷いますが、音を確認しながら選べるので、好みの音を絞り込んでいけます。

このキャビネットシミュレーターは、サンプルによる音の違いが私の耳でもよくわかります。


キャビネットシミュレーターの音は、本体のラインアウト端子とヘッドホン端子から出力できます。
つまり、ラインアウトからPAに接続すれば、スピーカーキャビネットの音をマイクで集音したような空気感のある生々しいサウンドを得ることができる・・・はずです。

ということは、この重さわずか3.6kgのTHR100H本体だけをライブや練習に持ち込めば、自宅で作り込んだ好みの音で演奏できることになる・・・はずです。

PAのある環境が前提ですが、これは究極の軽量アンプとなり得るのではないかと思いました。


なお、昨日テストした段階では、ヘッドホンで聞くと結構好ましい音が出ますが、PAに繋ぐと硬めの音でイマイチと感じました。
まあ、繋いだのがヤマハの簡易PA ステージパス500なので、音がショボいのは仕方ないことかも知れません。

これから、ステージパス500でもそこそこの音が出せるように、セッティングを研究してみようと思います。


ちょっと面白そうなアンプです。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR