20銘柄の日本酒飲み放題の店

先日、名古屋の副都心 金山総合駅近くにある居酒屋「吟醸マグロ」へ行ってきました。

昨年4月に就職した同期の仲間4人で、数か月ごとに集まってお酒を楽しんでいます。
20銘柄もの日本酒が楽しめるので、いつもこの店です。

主に東海3県の銘柄が並べてあり、セルフで好きな酒を何種類でも好きなだけ飲むことができます。
吟醸マグロ 日本酒飲み放題2
この日は名古屋市緑区で醸している「醸し人九平次」が置いてありました

吟醸マグロ 日本酒飲み放題1
はじめて見る銘柄もたくさんあります

日本酒ファンには堪えられない店で、いつも満席です。
予約しておかないとまず入れません。

私は「醸し人九平次」の他に5銘柄ほどいただきました。
肴は店名になっているマグロの刺身盛りがとても美味しい逸品です。

同期の仲間と、仕事の苦労話に花が咲きました。

次回は6月。
予約して店を出ました。
スポンサーサイト

街角ジャズライブ

自宅近くの「和みの散歩道」の広場で恒例のコンサートが開催されました。
午前9時30分から、ジャズ、ブラスバンド、アイリッシュ音楽、フォルクローレの4つのグループが熱演を繰り広げました。

私は、都合があってジャズの演奏だけ聞くことができましたが、素晴らしい演奏でした。
スインギーガイズ ジャズオーケストラ
オープニングを飾った「オリジナル スインギーガイズ ジャズオーケストラ」

このビッグバンドは、名古屋市立工業高校ブラスバンド部のOBメンバーによるグループで、ご高齢の方が中心ですが、若いメンバーも加わって、分厚い音を出していました。

好天に恵まれて100人を超す近隣の音楽ファンが詰めかけ、熱心に耳を傾けていました。
ザ・和みの散歩道祭 コンサート
正面の市道の高架下周辺が「和みの散歩道」として整備されています

この「和みの散歩道」は、2013年5月に高架式の都市計画道路が開通した際に整備されました。
高架道路の建設にあたっては行政と地域住民の深刻な対立がありましたが、高架下の整備に関して名古屋市と住民との協働によって魅力的な散歩道が整備されたことで信頼関係が回復されたと聞いています。

この新しい地域の魅力スポットを守り、育てていくため、整備検討会に参加した方々が中心となって、「和みの散歩道の会」が設立され、今回のような取り組みを行っています。


街角でこのようなコンサートが行われ、地域の方々が和むことができるのは素晴らしいことではないでしょうか。

今週は毎晩練習しました

明日、高校時代の同級生バンド「GGバンド」のリハーサルがあります。
来月のスーパーマーケットでのライブに向けての練習です。

相変わらず懐メロ中心ですが、気分転換に少し今までと違った曲もやろうよと次の4曲に取り組むことになりました。
ランチャーズの「真冬の帰り道」、ビートルズの「ジスボーイ」、それに以前少しかじったことがある「津軽海峡冬景色」と「勝手にしやがれ」です。

この中で、手こずっているのは「真冬の帰り道」の間奏と、「勝手にしやがれ」のイントロです。
これがなかなかできなくて、今週は毎晩練習しています。


間奏の後半部分は素晴らしい演奏だと思います   これが難しい


イントロの3小節目が最大の難関です

「真冬の帰り道」の方は、たくさんの方がネットで弾き方を披露しておられるので、参考にさせてもらいました。
手本を何回も見て、何とか弾けるようになりました。

「勝手にしやがれ」のイントロ3小節目は、とても早くて安定して弾けません。
もう少し練習しようとは思いますが、手抜きをすることになりそうな気配です。


長年ギターを弾いていながら、お恥ずかしい次第ですが、これが私の現状です。

でも、以前は難しいとあきらめていた曲が弾けるようになったりして、少しずつですが進歩しているのではないかと思っています。
やっぱり、地道な練習があってこそですね。

東龍 特別純米酒 龍田屋

名古屋市守山区の庄内川近くにある東春酒造が醸している特別純米酒です。
1865年創業の歴史ある酒蔵で、旧蔵はお城のような石垣がある趣のある建物です。

20年ほど前のことですが、自宅近くにあった酒屋がこの酒蔵の「東龍(あずまりゅう)秘蔵」という山廃仕込みの酒を扱っていて、時々買っていました。
美味しい酒でしたが、この店が廃業してからは飲む機会がありませんでした。

この「特別純米酒 龍田屋」は初めて飲む酒です。
東龍 特別純米酒 龍田屋

スッキリとしていますが、旨みがあります。
美味しい酒で、どれだけでも飲めてしまいそうです。


ところで、特別純米酒と表示されていますが、普通の純米酒とは何が違うのでしょうか。
純米酒のうち、精米歩合が60%以下または特別な醸造方法で造られている酒のことだそうです。
東龍 特別純米酒 龍田屋 裏ラベル
この龍田屋は精米歩合が55%なので、「特別純米酒」と名乗っています

酒蔵見学もできるようなので、一度訪ねてみたいと思います。  

弥富市の芝桜まつり

昨日、駆け足で愛知県西部のゼロメートル地帯にある弥富市へ行ってきました。
市内の三ツ又池公園で開催されている「芝桜まつり」を見るためです。

3年前に初めて行ったときに、美しい芝桜の絨毯に目を奪わた記憶があります。

今回は、一部では見頃になっていましたが、大半はこれからという状況でした。
桜もそうでしたが、天候の関係で開花が遅かったようです。
三ツ又池公園 芝桜
一番きれいに咲いていたエリアです


「芝桜まつり」は今年で6回目を迎えるそうですが、大勢の花見客で賑わっていました。

日本一の金魚の産地 弥富ならではの金魚すくいには長い行列ができていました。
地元の野菜で作った味噌汁やサラダが振る舞われていて、美味しくいただいてきました。
三ツ又池公園 芝桜祭り
花より団子?   金魚すくいや飲食のブースは大賑わいでした

会場の駐車場は満車だったので、近くの小学校に車を止めて、シャトルバスを利用しました。
シャトルバス 東部小学校駐車場
市役所の公用バスがシャトルバスとして活躍していました

短時間でしたが、楽しいひとときを過ごすことができました。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR