FC2ブログ

建中寺総門

自転車通勤の際に、建中寺総門の前を通ります。

この重厚な門は、尾張徳川家の菩提寺「建中寺」の表門にあたり、1652年に建立されました。
建中寺の南側にある建中寺公園の南端に建っていて、名古屋市の有形文化財に指定されています。
建中寺総門
360年以上前に建立された建中寺総門      

建中寺公園は、建中寺の南側寺域を戦後名古屋市が公園指定して整備したもので、市民の憩いの場となっています。

建中寺公園になっている部分には、かつて七つの塔頭(たっちゅう)があったそうです。
建中寺付近地図
建中寺付近の地図   

創建時(1651年)の建中寺境内の敷地面積は約5万坪で、現在の約5倍という広大な寺域を持っていたそうです。


総門に近づいてみると、さすがに痛みが目立ちます。
柱には、大きなひび割れがいくつも見られます。
建中寺総門 柱
総門のケヤキの柱   節のひび割れが深く刻み込まれ、歴史を感じさせます

この総門は、名古屋市が管理する建中寺公園の中にありますが、所有者の建中寺が管理しているそうです。   
スポンサーサイト



ゼンハイザーのイヤホン「IE 40 PRO」

新型コロナの影響で家にいることが多くなり、暇を持て余すとウォークマンで音楽を聞くようになりました。
これまでは、バンドで新しい曲を練習するときくらいしかウォークマンを聞くことはありませんでした。

音楽を聞く時間が増えると、もう少し良い音で楽しみたいという思いが募ります。


そんなわけで、私にとってはちょっと高級なイヤホンを購入しました。
ゼンハイザーから一昨年暮れに発売された、コスパが高いと評判の「IE 40 PRO」です。
ゼンハイザー IE40PRO
購入したゼンハイザー IE40PRO   クリヤーの他にブラックがあります   

サウンドハウスで、税込み10000円ちょっとでした。
サウンドハウスは各種機材を海外から直輸入して格安で販売していますが、このイヤホンも同様です。

ここ数年、イヤホンはゼロオーディオの「ZB-03」で聞いていました。
「ZB-03」は、低価格(4000円位で購入)の割にはまずまずの音だと思います。
イヤホン
左 ゼロオーディオ ZB-03   中 ゼンハイザー IE40PRO   
ウォークマンはメモリ4GBのNW-S13


ウォークマン本体が3年前に購入した最廉価版なので、イヤホンを交換しても劇的に音が良くなるわけではありません。
しかし、イヤホンを交換してみると音が変わるのはよくわかります。

購入した「IE 40 PRO」は、低音の量感は「ZB-03」に及びませんが、引き締まった低音が適度に聞こえるので心地良いと感じます。

一番違いを感じるのは、「IE 40 PRO」の方がボーカルが明瞭に前に出てくることです。
霧が晴れて、スッキリした印象の音です。

長時間疲れることなく楽しめるイヤホンだと思います。


なお、このイヤホンはシュアー掛けタイプです。
初めは付けにくいなと感じましたが、慣れると抜群の装着感です。
外れることもないので、歌手がシュアー掛けでモニターしている理由がよくわかります。

音楽を楽しむ時間が増えそうです。

「水道みち緑道」の桜 チラホラ

昨日、名古屋地方気象台は名古屋市でソメイヨシノが開花したと発表しました。
平年より4日早く、昨年と同日だそうです。

著しい暖冬の影響で、例年よりかなり早く咲くだろうと思っていましたが、意外と普通でしたね。

満開になったと発表された東京に比べると、1週間ばかり遅い感じです。


自宅近くの桜の名所、「水道みち緑道」のソメイヨシノもチラホラと咲き始めました。
水道みち緑道 桜並木
「水道みち緑道」の桜並木   開き始めたばかりです

「水道みち緑道」は、日泰寺北西の東山配水塔から今池交差点まで続く桜並木の道です。

一部では開花がすすんでいる木も見られます。
開花がすすんだ木


1週間後には、「水道みち緑道」に見事な桜のトンネルができることでしょう。


水道みち緑道沿いの仲田公園には、29日に開催予定だった「さくらまつり」のポスターに中止の案内が貼られていました。

近隣の方が楽しみにしている行事なので、残念なことだと思います。
新型コロナがいつ終息するか見通せない状況ですが、早く普通の生活ができるようにしたいものです。
さくらまつり中止ポスター

6回目の1年点検 ゴルフ7

昨日、ゴルフ7の1年点検を受けました。

乗り換えてから6年が経過し、走行距離は7万8千kmを超えました。
ゴルフメーター
ゴルフ7のメーターパネル   距離計は78621kmと表示しています   

点検前に担当者から不具合はないかと聞かれたので、数か月前からアイドリングストップをOFFにできない旨を伝えました。
ただ、私はアイドリングストップはいつもONにしていて何の支障もないので、修理しないことにしました。

点検中にバッテリーがかなり劣化していると報告がありましたが、5万円もするのでしばらく様子を見ることにしました。
それ以外は異常なしでした。


前に乗っていたゴルフの5や6でよく発生したDSG変速機のトラブルは、7になって全くありません。

5や6では、走行2万km程度でクラッチのジャダーが発生し、何度かクラッチ交換などの修理をしたものです。
保障期間満了後の変速機の修理は30万円以上もするので、5年を超えて乗ることができない車だと思っていました。

担当者に聞くと、7になってから変速機のトラブルは激減したとのことです。
ゴルフ最大の弱点がやっと改善されたように思います。
もっと早く対策を講じるべきでした。

この調子でいくと、10年10万km超も望めそうです。


点検待ちの間に、ショールームを見てきました。
発売されて間もない「T-クロス」も展示されていました。
ポロのSUV版で、コンパクトな車体なのに背が高いために大変立派に見えます。
Tクロス
VW最小のSUV「T-クロス」

試乗車もありましたが、試乗するのはやめておきました。

宮の雪 純米しぼりたて原酒

三重県は四日市市に蔵を構える1846年創業の老舗、宮崎本店が醸している冬限定の酒です。

宮の雪はアピタやピアゴ各店に置いてあるので何度か飲んだことがありますが、この「しぼりたて原酒」は初めてです。
酒造好適米「五百万石」と「キヌヒカリ」を使って、じっくり低温で醸しているそうです。
宮の雪 しぼりたて原酒
宮の雪 純米しぼりたて原酒   銘柄などはビンに直接ペイントしています

2017年に本醸造酒から純米酒に切り替えて、デザインを一新したとか。


飲んでみると、原酒でアルコール度数が17度と高めなせいか、濃厚な米の旨みとほんのりとした甘さを感じます。

濃厚ですが、しぼりたてだけあってフレッシュな爽快感もあって飲みやすいと思います。
宮の雪しぼりたて原酒 裏ラベル
ビン裏側のペイント   伊勢神宮の鳥居のイラストが描かれています

淡麗辛口の酒も好きですが、このしぼりたて原酒のような濃厚な酒も美味しいと思います。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR