マウスのこと その2「便利なマウスジェスチャー」

マウスジェスチャーを利用されている方は多いと思います。
とても便利で、使い始めるとなくてはならないものになってしまいますね。

マウスジェスチャーとは、マウスを少し動かすだけでネット画面の「戻る」、「進む」、「閉じる」などの操作ができる機能のことです。
画面上のボタンにいちいちマウスカーソルを持って行く必要がないので、大変スピーディーに操作できます。

私は、ウェブプラウザは現在クロームを利用していますが、クロームが公開される前はオペラを利用していました。
オペラにはマウスジェスチャーの機能が組み込まれていたので、重宝していました。

9年前にクロームが公開されてからは、その軽さが魅力でオペラから切り換えました。
ただ、クロームにはマウスジェスチャーの機能がないので、マウスジェスチャーのソフトを探しました。

いろんなソフトがありましたが、「かざぐるマウス」という日本人が作ったフリーソフトを使うことにしました。
大変軽くて使いやすいマウスジェスチャーで、ウィンドウズの7、8と利用してきました。


「かざぐるマウス」では主に次の機能を利用してきました。
①前のページに戻る・・・右ボタンを押しながら左ボタンをクリックする
②次のページに進む・・・左ボタンを押しながら右ボタンをクリックする
③ページを閉じる・・・中央ホイールをクリックする

かざぐるマウス設定画面
「かざぐるマウス」の設定画面です   好きなようにカスタマイズできます


1か月ほど前に、老朽化したパソコンをウィンドウズ10パソコンに買い換えた際に、「かざぐるマウス」を入れるかどうか迷いました。
「かざぐるマウス」は既に2013年に作者のウェブサイトが閉鎖されており、現在は非公式にソフトが配布されているという状態なので、ウィンドウズ10で支障なく使えるかどうか気になったからです。

ウィンドウズ10にインストールした方のブログを拝見すると、ほぼ問題なく使えるということが分かったので、「かざぐるマウス」をインストールしました。

その結果、上記①と③の操作は支障なくできますが、②の「進む」の操作に不具合があることが分かりました。
そこで、「進む」は右ボタンを押しながらマウスを右ヘ動かすという設定にして使っています。
これだと大丈夫です。

一部ジェスチャーの操作方法を変更することになりましたが、すぐに慣れました。


なお、「かざぐるマウス」はウィンドウズ10のウェブプラウザ「エッジ」には使えません。
エッジでマウスジェスチャーを使う場合は、他のソフトを使うことになります。
スポンサーサイト

和気あいあいの福祉施設ライブ

昨日、高校時代の同級生バンドでライブをしてきました。
会場は一宮市にあるデイサービス施設で、約30人の利用者の方々にお楽しみいただきました。
福祉施設ライブ1

昼までの仕事が終わってから大急ぎで帰宅し、着替えをして車に機材を積み込んで家を出たのが午後1時。
名古屋高速を飛ばして、開演の20分ほど前に会場に着きました。

ギターとエフェクターをセットしてチューニングを済ませてから、先に到着して準備を済ませていたメンバーと音の調整。
福祉施設なので、音量は小さめにします。

開演の2時に、なんとか間に合いました。
福祉施設ライブ2

皆さん、手拍子をしたり懐メロを口ずさんだりしながら、楽しい1時間を過ごしていただけたようです。

演奏の合間には、「聞いたことがある曲だわ」とか「みんな(私たちのこと)とても70近いとは思えんわ」などと声をかけていただき、和気あいあいのライブとなりました。

女性ボーカルの衣装替えも大好評。
演奏が終わってから、彼女は利用者の方から次々に握手を求められていました。



今回は、先日ご紹介したブースターとして使うレクティークのロッシュを試しました。
ロッシュをブースターとして使う
下段右側がRCブースターから置き換えたレクティーク ロッシュ

ブースター替わりのレクティーク「ロッシュ」は、ウォームで滑らかな音を紡ぎ出してくれます。
気持ち良く演奏できました。

先日の記事でゲインをゼロにするとクリーンになると書きましたが、実はほんの少し歪んでいることが分かりました。
このわずかな歪みが、音を味わい深くしているのではないかと思います。

出力の小さいバンザンドのトルービンテージピックアップでもわずかに歪む状態なので、ハムバッカーだとクリーンを出すのは難しいかも知れません。


今度の土日曜日、25日と26日にもライブがあるので、引き続き試してみようと思っています。

虎渓山永保寺の紅葉

昨日、多治見市にある永保寺へ今年初めての紅葉見物に行ってきました。
永保寺の紅葉は飛騨・美濃紅葉33選に選ばれていて、何度か来たことがあります。

午前中にリハビリジムなどを済ませて、国道19号線経由でお寺へ向かいました。
昼頃には雨が上がるという予報でしたが、小雨が降る中での見物となりました。

天気が悪くても、土曜日だけあって駐車場にはたくさんの車が入っています。
駐車場からお寺へは歩いて約5分。


お寺の境内は、あちこちで紅葉が見頃になっています。
永保寺観音堂の紅葉
夢窓国師が造った永保寺庭園から国宝の観音堂を望む

永保寺は、鎌倉時代(1313年)に開創された臨済宗南禅寺派の名刹で、四季折々に見事な景色を楽しませてくれます。
心安まるお寺だと思います。

紅葉の無際橋
池にかかる無際橋を望む


池に映る紅葉
池に映る紅葉が幻想的な雰囲気を醸し出します

小雨が降り続いていたので短時間で切り上げましたが、美しい紅葉を堪能できました。

お寺の駐車場にある売店で五平餅を1本100円で販売していました。
団子型の五平餅で、美味しくいただきました。

ブースターを取り換えました

自作コンパクト エフェクターボードのRCブースターをレクティークのオーバードライブ「ロッシュ」に交換してみました。
オーバードライブをブースターとして使うわけです。


RCブースターは繋ぐとハリがある音になるので、長年常時オンにして使ってきました。
ブースター交換前
今までのエフェクターボード   下右側がRCブースターです

ただ、音が少し硬くなることが欠点です。

私は、ストラトタイプのギターが弾きやすいので好んで使いますが、ストラトのパキンバキンとした音が懐メロバンドには合わないので、ギターとアンプのトーンやRCブースターのイコライザーを調整して、ウォームでハリがある音をめざしてきました。

この結果、演奏しているときには良い音に聞こえるのですが、録画をみるとやはり硬いなあと感じます。

そこで、硬さの原因のひとつであるRCブースターを換えてみることにしました。


新たなブースターとして、RCブースターの姉妹品であるEPブースターが太い音になると評判なので欲しかったのですが、予算の都合もあって現在休眠中のレクティーク「ロッシュ」を試してみました。

ロッシュは、穏やかな音を出すことができるオーバードライブなので、ブースターとして使うと角がとれた音になるのではと考えました。

そこで、RCブースターの前にロッシュを繋いで、交互に弾き比べてみました。
ロッシュは、ゲインをゼロにすればクリーンな音が出ます。

トレブルツマミを11時の位置に絞ったRCブースターと、ゲイン以外のツマミを12時にしたロッシュの音を比べると、ロッシュの方が柔らかな音が出ます。
これは予想したとおりです。

また、メインで使っているオーバードライブ「FETドリーム」をオンにすると、ロッシュの方がより滑らかな歪みが得られます。

RCブースター並みのハリもあるし、同じ音量にしたときのノイズも小さめなので、交換することにしました。


さて、交換しようとすると、ロッシュのDCジャックの位置が問題になります。
ジャックがボデーの右側にあるため、DCプラグがボードから大きくはみ出してしまうのです。
DCジャックの位置が問題
仮置きしたロッシュ   これだけDCプラグが出っ張っていると、何かに当たって壊れる恐れがあります

そこで、DCジャックを左側にも付けようかと考えましたが、結局ロッシュの左側ボデー下部を丸ヤスリで削って穴を開けてDCコードを通すことにしました。
アルミ製ボデーで比較的簡単に削れるので、これが一番簡単な方法だろうと思います。

削りくずが本体内部に入り込まないように基盤やスイッチを丁寧にマスキングして、ゴリゴリと削りました。
20分ほどヤスリを動かしていると、コードが通る穴が開きました。
DCコードを反対側から取り出した
DCコードの通り道ができました   9V電池用のスナップを取り外して、DCコードをハンダ付けしています

ロッシュのボデーに穴を開けるはちょっともったいないですが、出っ張ったDCプラグが原因のトラブル発生を避けるためにはやむを得なかったと思っています。


ロッシュを強力両面テープでボードに取り付けて完成です。
ロッシュをブースターとして使う
ブースター交換後のボード   右下のロッシュをブースターとして使います

ギターからの信号は、ロッシュ→シブヤ楽器「クロスファイヤー」→CEペダルス「EFTドリーム」→ヌーネイバー「ウエットステレオリバーブ」の順に流れます。

今月20日に福祉施設でライブがありますので、音を確かめてみようと思っています。

丸山千枚田の新米をゲット!

9月上旬に丸山千枚田で稲刈り体験をしましたが、その反省会に行ってきました。
台風の襲来で延期になっていたものです。

かつて山登りをしたグループ6人で、今年の丸山千枚田のオーナーになっています。
ささやかながら千枚田の保存に協力しつつ、田植えと稲刈りを楽しませてもらいました。

ハイキングや旅行などを行うたびに事前打合せ会や反省会が開かれます。
楽しく飲むことが大好きなメンバーばかりで、年に5回くらい開いていると思います。
丸山千枚田収穫米 頒布飲み会
会場はいつもの名古屋駅前の素材屋   私が持っているのが丸山千枚田の新米1人分です

丸山千枚田のオーナー制度を運営している熊野市ふるさと振興公社から、10月に記念のプレゼントが届きました。

丸山千枚田の新米10kgと特産品の新姫(にいひめ。熊野市で見つかった新種の柑橘類)、新姫キャンデーの3点です。

米はグループの代表が6等分して持ってきてくれました。
一人当たり約1.6kgになります。
私達が収穫した米も少し混ざっているのではと思いましたが、生育が思わしくなかったので入っていないでしょうね。

新姫は、どんな味がするかと店で頼んだハイボールに入れてみたメンバーがいましたが、とっても酸っぱかったそうです。

丸山千枚田 収穫米
プレゼントの丸山千枚田産あきたこまち   左は新姫と新姫キャンデー


来年前半の旅行の話がまとまり、いい気分で解散しました。
プロフィール

sinpo4

Author:sinpo4
○名古屋市在住○60歳台
○趣味:ギター、ドライブ
いつまでもギターを楽しめる平和な世の中が続くことを願っています。
こんなささやかな「あこがれ(浪漫)」を胸に、穏やか(メロー)な日々を送りたいものです。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR